ぬか漬けとは

スポンサードリンク

日本に古くからあるお漬け物といえばぬか漬けですよね。
好きな人も多いと思います。ぬか漬けというのは、米ぬかを使った漬け物で、どんな野菜でも漬けることが出来るし、ぬかに混ぜる材料や配合は各家庭で違っています。

 


味の好みもそれぞれで、酸っぱいくらいに漬かっているほうが良いという人もいれば、浅く漬かっているほうが良いという人もいますよね。

ぬか漬けは発酵食品になるので、体にも良いですが、塩分には注意です。
昔はどの家庭でもみられたぬか漬けですが、最近では余り見なくなりました。
発酵しているので、毎日良くかき混ぜなければならないし、匂いも強く、手間がかかって面倒だと思う人が増えたようです。

 


昔は大きな樽などで漬けていましたが、近年ではコンパクトになっていて、小さな袋に入った状態で販売され、そのまま野菜を漬けることができるようになっているものもあります。
手軽にぬか漬けを作れるようになったとは言っても、やはり中々きちんと扱うことが出来ないので、

 

 

最近は自宅でぬか漬けを作るよりも、市販されている既製品を買ってしまうことのほうが多いようです。

 


しかしぬか漬けは発酵食品なので酵素が沢山含まれており、塩分に気をつけていれば、毎日少し食べることで健康になるという事がわかっていきており、野菜の彩りが食卓に華を添えてくれるので、チャレンジしてみようという人が徐々に増えてきています。

 


慣れてしまえば難しいことは無いし、栄養面でも作ってみたほうが良いと思える食品です。