酸っぱくなった

スポンサードリンク

 

ぬか漬けを作っていて、野菜がすっぱくなったり、ぬか床を開けたときの匂いがすっぱくなったりしたら、発酵が行われ過ぎて、乳酸菌が過剰に増えてしまっている証拠です。
そのままではどんどんすっぱくなってしまうので、なるべく早めに対処します。

 


ぬか床がすっぱくなったら、辛子ぬかを加えると良いです。辛子の成分がすっぱさを調和してくれるので、味がまろやになってくれます。


ただ、辛子を入れることで、辛くなってしまうので、食べにくくなってしまうという人は、卵の殻を入れると味が変わります。
卵の殻にはカルシウムが含まれていますから、カルシウムがすっぱさの原因を緩和してくれるんです。
薄皮を取った卵の殻を細かく砕いて、ぬか床に混ぜてあげるだけですから、凄く簡単ですよね。
すっぱさがなかなか消えないときには、卵の殻を増やしてみてください。

 


辛子ぬかにしても卵の殻にしても、入れたあとにすぐ野菜を漬けてしまうよりも、数日間はかき混ぜるだけで休ませるようにすると、早く馴染んでまろやかな味になります。


すっぱくなったら腐ってしまったと勘違いして捨ててしまう人がいますが、決して腐っているわけではありませんから、勘違いをしないようにしてください。

 


ぬか床はきちんとかき混ぜていれば、そう簡単には腐りません。
乳酸菌が多くなりすっぱくなっているだけですから、捨てずに上記のような方法ですっぱさを解消すれば、再び美味しく食べられるようになります。