塩を入れすぎた!

スポンサードリンク

 

ぬか漬けを食べてみて塩辛いと感じたら、少しお水に漬けて塩抜きをしてあげると良いと思います。
味が薄くなってしまったら、お醤油を掛ければ大丈夫です。

 


ぬか床に塩を入れすぎたら、塩分を抜かなくてはなりませんよね。
塩加減はとても難しいので、ついつい入れすぎてしまうようなこともあるかと思います。
そんなときには、捨て野菜を入れるというのが一番早い解決方法です。
お料理に使った人参や大根の端の部分を、ぬか床に漬けておくだけで塩分が抜けてまろやかになります。

 


それから、ぬかを足すというのもオーソドックスですね。生ぬかではなく、炒りぬかを入れると、早く味が馴染んで美味しくなります。

 


塩を入れすぎたら、すぐにドバッとぬかを入れてしまうようなことをすると、反対に味のバランスが崩れてしまったりもしますから、少しずつ様子を見ながら補充すると良いでしょう。
少しのぬかを加えて、いつものように野菜を漬けて、野菜は塩抜きをして食べるという方法も良いですね。

 


この方法でれば、少しずつ塩分が抜けていくので、味が大きく変わってしまうということがなく、安定した状態を保つことが出来ます。

 


間違っても塩を入れすぎたからといって、水や熱湯を足してしまうようなことはしないでください。
捨て野菜をつかうときには、葉野菜を入れると早く塩分を吸ってくれますが、水分が多いので水抜きを忘れずに行いましょう。
毎日味が少しずつ変わっていくので、ベストな状態を見つけやすいです。