味噌の匂いがしたら

スポンサードリンク

 

ぬか漬けを初めてから、まだ日が浅い人は、ちょっとした変化が気になってしまうことがあるかと思います。
ぬか床を作ってすぐのころは、ぬか特有の匂いですが、しばらくすると味噌のような匂いになってしまうことがあって、腐ってしまったのかも知れないと不安になることがあると思います。
味噌の匂いがしたら、それは腐っているのではなくて、ぬか床が一番ベストな状態になったということです。

 


ぬか漬けのことを、ぬか味噌漬けとも言うように、発酵がきちんと行われているぬか床からは味噌のような匂いがします。
この匂いが、すっぱくなったり、苦いものになったりすると、発酵が進んでしまったり、少し辛子が多すぎてしまっているのかも知れません。

 


ぬか床が一番ベストな状態であることを知らせてくれる匂いを覚えておくと、常に美味しいぬか漬けを作ることが出来ますよね。
とてもデリケートですから、少しの変化で匂いも変わってしまうのですが、それがぬか漬けの良さでもあります。

 


きちんと発酵していて、空気の含まれ具合や乳酸菌の量もバランスが取れていれば、味噌のような匂いがするのは当然なので、心配せずにどんどん野菜を漬けてあげましょう。
一番味がなめらかで、すっぱさも無く美味しいと思います。

 


少しすっぱさを足したいというときには、野菜を漬ける時間を長くしてあげると良いでしょう。
好きな漬かり具合は好みがあるので、時間を調節したり、早く漬けたいときには野菜を切ってから漬けると良いです。